FC2ブログ
2018. 10. 31  
今日が宗教改革記念日です。1517年の今日、ルターが95か条の提題を貼り出しました。

主教改革を覚えてのシリーズ、今日はエフェソ2章4~6節から。

「しかし、憐れみ豊かな神は、わたしたちをこの上なく愛してくださり、その愛によって、罪のために死んでいたわたしたちをキリストと共に生かし、ーあなたがたの救われたのは恵みによるのですーキリスト・イエスによって共に復活させ、共に天の王座に着かせてくださいました。」


「罪のために死んでいた」、激しい言葉遣いです。

でも、こういう言葉で自分の過去を振り返ることができる人は幸いです。

神の恵みによって、自分の過ちに気付かせていただいた人です。

そして今は、「キリストと共に生きる」喜びを知っている人です。


宗教改革者カルヴァンは、その代表作であるキリスト教綱要の冒頭に、自分自身の罪と悲惨をはっきりと認識する必要を教え、「自分自身に対する不快感を抱き始めてからでなければ、神を真剣に渇望することはできない」と言います。

不快感という言葉がおもしろいです。それほどの、徹底した自己否定が必要と言う。

いやむしろ、聖なる神の御前に立つということを真剣に考えるなら、そうならざるを得ないのです。

カルヴァンという人は、神の御前での自分の罪深さに対して絶望しきっていた人でした。


私たちはまさしく「死んでいた」不良品でした。

しかし、そのような者を、憐れみ豊かな神がこの上なく愛して下さった。この愛から、すべてが始まりました。

「お前を棄てたくない、再生させる」と、神が望んでくださったのです。


共に祈りましょう。

憐れみ深い主よ、あなたを知らなければ、自分自身の罪深さに気付くこともありませんでした。あなたを悲しませ、周囲の人々を無自覚に傷つけてきた私を、ゆるしてください。どうぞ、キリストと共に生きる者として、いよいよ整えていってください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2018年11月1日 申命記5:24-25
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR