FC2ブログ
2018. 11. 07  
宗教改革記念日を覚えて、今日で最後です。

昨日は、宗教改革における「万人祭司性の原理」の再発見について確認しました。

私たちはみな、神を見失ったこの世界にあって特別に選ばれ、神にお仕えする存在として聖別された「祭司」です。

その祭司としての務めの本質は、「犠牲をささげる」ことだとカルヴァンは理解していました。

それは旧約時代の神殿でのいけにえのことではなく、「感謝と賛美のいけにえ(ヘブライ13章15節)」であり、「霊的ないけにえ(Ⅰペトロ2章5節)」です。

それは一言でいえば、まったき献身の人生ということです。

祈り、礼拝、伝道、愛と慈善の義務・・その他一切のことを含めて、我々の身と魂のすべてをささげる。

全的献身の生涯に生きることです。

主イエスがその命のすべてをささげてくださいました。そのまったき愛と献身に答えて、わたしもまた主のためにおのれをささげる。

主は言われました、「彼らのために、わたしは自分自身をささげます。彼らも、真理によってささげられた者となるためです。(ヨハネ17章19節)」



ローマ12章1節「こういうわけで、兄弟たち、神の憐れみによってあなたがたに勧めます。自分の体を神に喜ばれる聖なる生けるいけにえとして献げなさい。これこそ、あなたがたのなすべき礼拝です。」

共に祈りましょう。

主よ、ひとりひとりが今日も、あなたに与えられた一日に取り組もうとしています。この一日を、あなたにおささげします。どうか喜んで受け取ってくださり、大いなる天の祝福を満たしてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2018年11月8日 Ⅰコリント7:14
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR