FC2ブログ
2018. 11. 27  
今週は「天国人のボキャブラリー」シリーズです。

クリスチャンに独特の言葉遣いを天国人のボキャブラリーとして紹介していますが、今日取り上げたいのは「御心ならば」という言葉づかいです。

これは、お祈りをする時に用いられます。「御心ならば、この願いをかなえてください」という風に祈るのです。

初めて聞いた時は、何と奥ゆかしいことかと思いました。

御心、すなわち神様のお考え、思いにかなっているなら、というこの感覚。これは、以前の私にはまったく無いものでした。

クリスチャンではなくても、お祈りということはなさると思います。

何に対して祈っているのかなどあまり考えず、何となく神様的なものにむかって、自分の願いをかなえてほしいと願う。

私自身もそういう風にして、家の神棚に向かって祈ったこともあります。

でもそれはあくまでも、自分中心の願いです。それをかなえてほしいという一辺倒です。

それがかなえば、神様はいると信じる。かなわないなら、やっぱり神も仏もないと馬鹿にする。そういう考えしかもてないものでした。

でも、教会でなされている祈りとは、それとは全然違っていたのです。


これは、イエス様の祈りにならうものでもあります。

イエス様は十字架にかけられる前の夜、その苦しみに耐えかねて、ゆるされるなら十字架の死を免れさせてくださいと、神に願われました。

救い主として、すべての罪人の身代わりとなって死ぬという使命から、逃れたいと願われたのです。

しかし、「わたしの願いではなく、御心のままに行ってください(ルカ22:42)」と祈られました。

こういう感覚が、私には非常に衝撃的だったのです。


共に祈りましょう。

主よ、今日もわたしたちの願いではなく、あなたの御心がなされますように。あなたのもとに、私の幸いがあり、喜びがあると信じます。私たちのために最善なことを備えてください。あなたにすべてをお委ねします。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2018年11月28日 レッスン24「御心に生きる」
NEW Topics
2019年11月22日 愛になる
2019年11月21日 愛は聖書の教えのすべて
2019年11月20日 人を造り上げる愛の言葉
2019年11月19日 十字架で自分が死ぬ
2019年11月16日 オリゲネス①
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR