FC2ブログ
2018. 11. 30  
クリスチャンに独特の言葉遣いを天国人のボキャブラリーとして紹介していますが、今日は「自由」という言葉を考えてみましょう。

自由という言葉は魅力的な言葉ですね。一般的な日本語としてもよく用いられますし、その使い方は実に多様です。

日本国憲法で保障されている信教の自由や表現の自由といったことから、学校の自由時間とか自由研究といったことまで。

自由とは何かということは学問的にも大きなテーマですから、とても一口では言えないでしょうが、一般的な辞書的意味では、「心のままにふるまうこと、何者にも束縛されず自分自身の本性に従うこと」という風にとらえられているようです。

しかしそうなってきますと、教会で言われているところの自由ということとは、だいぶ意味合いが変わってくるのです。

キリスト教の教えでも、よく自由、自由と言われます。

でも、「全然自由じゃないじゃないか、日曜日には毎週礼拝するし、神様以外は信じちゃいけないっていうし、制約のほうが多いじゃないか・・」と、私ははじめのころ思っていました。

それは聖書の言葉遣いにおける自由というニュアンスが分かっていなかったからです。

イエス様の教えるところによれば、私たちが心のおもむくままに振る舞うことは、よくないことです。

なぜなら、私の心は罪に汚染されているからです。

むしろ、そういう罪深い思いに縛られてきた、古い自我を脱ぎ捨てて、新しくキリストと共に生き始めること。

それすなわち「罪からの自由」ということ。これが聖書における「自由」という言葉です。


共に祈りましょう。

主よ、今日もあなたと共に歩ませてください。あなたが共にいてくださるから、私たちもあなたに従っていきたいのです。今日、様々な場面で、いろんな判断を迫られるとき、願わくは、あなたが私たちを導いてくださって、あなたが喜んでくださる判断ができるようにしてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2018年12月1日
NEW Topics
2020年6月5日 福音を恥としない
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR