FC2ブログ
2018. 12. 14  
ローマ書を一節ずつ読んでみる。今日は3:19です。私の解釈を反映して、大胆に意訳してみます。

<私訳>「さて、私たちは知っています。こうして『聖書』に書かれていることは何事でも、『聖書』をよく知っている人たちに向けて言われているのです。そうである以上、すべての口はふさがれており、全世界が神の裁きを免れません。」


『聖書』と訳したのは、ふつう「律法」と訳されるノモスです。

ここの場合は、10-18節でパウロが引用した、詩編やイザヤ書などの言葉のことが具体的には考えられています。

「『聖書』をよく知っている人たち」としたのは、ふつう「律法の下にある」と訳される語です。

ここの場合、具体的には、敬虔と自称しているユダヤ人のことです。

私たちに当てはめるなら、『聖書』を大切に読んで、神様の御心を求め、理解しようとしているまじめな信仰者たちと言ってもいいと思います。

そういう人たちは、ある意味で、人間の中で一番、神様に近い人。近くあろうと願っている人かもしれません。

でも、その彼らの中に「正しい者はいない。善を行う者は一人もいない」という、聖書の言葉が当てはまるというのです。

そうだとすれば、その他の全人類は、神の裁きに耐えることなどできません。


「すべての人の口がふさがれる」、これはそういう具合に、ぐうの音も出ないほどに追い詰められる様を言います。

でも、聖書の中にはもうひとつ、違うニュアンスで「口がふさがれる」と言われるところがあります。エゼキエル16:63です。

「こうして、お前が行ったすべてのことについて、わたしがお前を赦すとき、お前は自分のしたことを恥じ、自分の不名誉のゆえに、二度と口を開くことはできなくなる。」

ここに示されているのは、神の圧倒的な赦しを味わったゆえに、もう言葉にできない思いで悔い改めに向かう人の姿です。


私たち全人類は、神の前で、ぐうの音も出ないほどに罪人です。でも、そういう者が、十字架の主の血潮によって赦される。

その赦しの感動に魂が打ち震える時こそが、私の口が、本当に「ふさがれる」時なのです。


共に祈りましょう。

主よ、あなたの聖い目を悲しませる私たちでしょう。あなたの聖い耳をわずらわせる私たちの身勝手な祈りでしょう。でも、主よ、どうか赦してください。あなたの赦しがなければ、生きられません。我らの罪を赦してください。私たちも、隣人の過ちを赦します。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2018年12月18日 ローマ3:20
NEW Topics
2019年11月22日 愛になる
2019年11月21日 愛は聖書の教えのすべて
2019年11月20日 人を造り上げる愛の言葉
2019年11月19日 十字架で自分が死ぬ
2019年11月16日 オリゲネス①
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR