FC2ブログ
2018. 12. 19  
ローマ書を一節ずつ読んでみる。今日からの3:21ー26のところは、ローマ書の教えの要約とも言われ、いよいよ本題というところです。

ここを読み進めていくのには時間をかけたいものです。今日は、勉強しているうちに時間が過ぎてしまいました。

とりあえず、21節を私訳しておきます。

<私訳>「しかし今や、『律法による行い』ということとはまったく離れて、神の義が明らかにされました。それは実は、モーセ五書や預言者たちの書、すなわち『聖書』において証言されているものなのです。」

神様の御前では、全人類が罪人であって、だれひとり正しい者はいない。

「律法を行う」ということを求められる限り、だれひとり合格点はとれない。まじめに取り組むほどに、罪の自覚が深まっていく。

そういう具合に、ここのところずっと、罪、罪、罪と、追い詰められてきました。

「しかし今や」と、ここでまったく新しいことが始まります。

人間の努力ではもうどうにもできない罪の袋小路で、神が乗り出してくださって、救いの世界を開いてくださるのです。


共に祈りましょう。

主よ、クリスマスを待つこの時、我らの「罪を救う」ために生れてきてくださった主イエスを思います。そのようにして、あなたが、この暗い世界に光を与えてくださったこと、手を差し伸べてくださったことを感謝します。

スポンサーサイト



NEXT Entry
2018年12月20日 ローマ3:21②
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR