FC2ブログ
2018. 12. 22  
明日はいよいよクリスマスですね。

今日は、板口冨美子さんの詩を紹介します。キャンドルサービスなどで、何度か紹介してきたものです。

板口さんは、長く病床での生活を強いられた方だそうですが、イエス・キリストを信じる信仰によって、いつも慰めと希望を得て、病と闘われた方だと伺っています。


「クリスマスを祝う」
キリストさまのお生まれになった日
こんなおめでたい日には
みんなのこころが こうもやさしく、あたたかくなるのだろうか
みんなお互いにぬくめあおうと
みんなお互いによろこばしあおうと
どんな苦しい日の中も
この日だけは そのことばかりを考えている
世界中の人々が
この日の心をもちつづけることができたら
この世からたたかいもなくなるであろうに
せめてこの日一日
人をよろこばすことだけを考えて
本当によろこびあおう
せめてこの日のためにと したくする幾日
こころの中に キリストが降りたもう
スポンサーサイト



NEXT Entry
2018年12月25日 クリスマス
NEW Topics
2020年6月5日 福音を恥としない
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR