FC2ブログ
2019. 01. 18  
次の主日には、箴言1:1-19を分かち合う予定にしています。

この日々の御言葉の配信でも、箴言の御言葉を取り上げてきました。私たちの生活に直結する言葉ですから、受け取りやすいのです。

ただ、主日の礼拝説教としてこれを取り次ぐというのは、私にとっても初めての経験で、どう取り組めばいいのかと思案しているところです。

この箴言の言葉を通して、生きておられるイエス・キリストが立ち現われてこられる、その瞬間を祈り求めて待っているような感じです。

貧しい説教者のために、どうぞ祈ってください。

箴言1:7の有名な言葉が、箴言全体のカギとなっているのは間違いありません。

「主を畏れることは、知恵の初め。無知な者は、知恵をも諭しをも侮る。」

面白い解説がありました。エイトケンという注解者の解説です。長いですけど、おもしろいので、せめて最後の行だけでも読んでください。



「箴言が教えているのは、実際に役立つ経験的な教訓であって、信仰に関する霊的な教えではない。・・・彼は人生から最高のものを得る方法を心得ており、可能なかぎり十分に人生を生き尽くすやり方も心得ている。

しかし建物にはしっかりした基礎が必要である。だからこそ著者である賢者は、信仰こそ、しあわせに栄える良い人生の根源的基礎であると主張しているのである。

真に賢明な世俗の人は、信仰をもつ人である。そしてまた、基礎とはその上に建物を建てるためのものであるから、信仰のある人はまた世俗の人間であらねばならない。

したがって、知恵を軽蔑する愚者とは、神のために使う時間をもたない世俗の人間か、あるいはまた、この世のために使う時間をもたない神を敬う人かのどちらかである。

言い換えれば、天国で役に立たないほど世俗的な人か、この世で役に立たないほど天上の人間かのいずれかなのである。」


共に祈りましょう。

主よ、今日も私たちを世に遣わしてくださることを感謝します。それぞれの家庭、職場、学校、地域にあって、あなたにあって知恵深く、賢く歩ませてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2019年1月22日 ローマ3:27-28①
NEW Topics
2019年11月22日 愛になる
2019年11月21日 愛は聖書の教えのすべて
2019年11月20日 人を造り上げる愛の言葉
2019年11月19日 十字架で自分が死ぬ
2019年11月16日 オリゲネス①
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR