FC2ブログ
2019. 01. 31  
ローマ書を一節ずつ読んでみる。今日は3:31です。またもかなりの意訳です。

<私訳>「それでは私たちは、キリストへの信仰によって、これまでの聖書の教えを無にしてしまうのでしょうか。いいえ、とんでもない。むしろ、それを確立するのです。」

「これまでの聖書の教え」としたのは「ギリシャ語:ノモス」で、文脈によって「律法(ヘブライ語:トーラー)」とか「原理・法則」とか幅広い意味を担っています。

ここでの場合は、続く4章との関連で考えました。

4章は、旧約時代を代表するアブラハムやダビデの例を挙げ、信仰義認の教えは「これまでの聖書の教えと一致する」ということを示しています。

「確立する」としましたのは、「起こす、立たせる」という意もある言葉で、「真の価値を与える」とか、「効力を発揮させる」などの翻訳もあります。


いつも申し上げておりますが、旧約の民は「やがて来られるキリスト」への信仰に生きた、私たちの信仰の祖先です。

旧約における神様とのお付き合いも、その本質は、神の恵みと慈しみにより頼む「信仰のみ」の関係でありまして、小さな戒律を守った守らないと窮屈に硬直化したものではなかったはずなのです。

イエス様がかたくななファリサイ人たちと議論なさったのも、そういうことでした。



共に祈りましょう。

主よ、アブラハムを祖とする信仰の民の末裔として、あなたの恵みによって今日も生き、生かされたいと願います。願わくは、大らかに朗らかに、かつ真剣に、あなたと共に生きることへと導いてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2019年2月1日 聖餐をふさわしく受ける
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR