FC2ブログ
2019. 02. 16  
土曜日は、「来てください、沈むことのない光」という本より、初期教会のキリスト者たちの言葉を紹介いたします。

先週に続いて、シリアのアンティオキアの主教、イグナティオスの言葉です。


・・・イエスの言葉を真に自分の中にもつ人は、イエスの沈黙さえも聴くことができます。

それは、完全な者となるためであり、語ることを行い、その沈黙によって理解されるためです。

主に隠されていることなど何もなく、わたしたちの秘密も主の前に置かれています。

ですから、主がわたしたちの内におられることを思って、すべてを行いましょう。

わたしたちが主の神殿となり、わたしたちの中で主がわたしたちの神となられるために。

そして実際、主はその通りわたしたちの内におられ、わたしたちが主を正しく愛するとき、主はわたしたちの面前に顕現なさるでしょう。


スポンサーサイト



NEXT Entry
2019年2月19日 ローマ4:9-12①
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR