FC2ブログ
2019. 02. 20  
ローマ書を一節ずつ読んでみる。昨日から、4:9-12に取り組んでいます。

(<私訳>は繰り返しませんので、昨日の配信をご確認ください。)


ここで問題になっているのは、「割礼」ということです。

「割礼」は男性性器の包皮を切り取る儀式で、成人になる通過儀礼として、古代オリエント世界で広く行われていました。ですから、ユダヤ人だけの独自の慣習ではありません。

しかしユダヤ人の場合は、「主なる神様との契約を結んだということのしるし」として、割礼を理解している点が独特です。

割礼を受けた者は、神との契約に入った神の民であり、「義とみなされる」と考えていたのです。

女性は割礼を受けることができませんが、家長である男性のゆえに契約に入れていただくという理解です。

女性はまるで付属物のような扱いです。こういうことからも、いかに男性中心の社会であったかということが分かります。

今日の私たちにとって、それは決して正しいあり方ではないでしょう。

話は戻りますが、そういう「割礼」というしるしを、ユダヤ人たちは非常に大切にしていました。

たとえはよくないですが、任侠の世界で、体に墨を入れることによって自分を異質な者として誇るように、ユダヤ人たちも、異教社会でつっぱって生きる神の民としての自らのオリジナリティーを、割礼というしるしで確認しました。

でも本当に、割礼を受けたユダヤ人でなければ、「義とみなされる」ことはないのかと、パウロは問うています。

一番ルーツに戻ってみて、アブラハムの場合はどうだったか?

アブラハムが割礼を受けたのは99歳の時で(創世記17章)、神様の約束を信じて旅をはじめてから、ずいぶん後のことでした。

だから、大事なのは「信仰」、より正確には、救い主イエス・キリストを信じて受け入れることなのだと、言っているのです。

私たちには誇るべきなにものもないのです。信じさせていただくだけです。


共に祈りましょう。

主よ、何も持たないものが、義とされ、神の子、神の民としていただいたことを感謝します。外見ではなく、私たちの中身が変えられて、神の民としての証しがなされますように。




スポンサーサイト



NEXT Entry
2019年2月21日 ローマ4:9-12③
NEW Topics
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR