FC2ブログ
2019. 02. 26  
ローマ書を一節ずつ読んでみる。今日は4:13です。

<私訳>「というのは、アブラハムに、あるいは彼の子孫に与えられた約束は、律法に基くのではないのです。そうではなく、彼が世界の相続人になるというのは、信仰による義に基いています。」

アブラハムとその子孫に与えられた「約束」とは、「世界の相続人になる」ことです。

といいましても、旧約聖書には、そういうはっきりとした言葉で約束がされているわけではありません。

アブラハムとその子孫が、祝福の源となって、彼らを通して世界のもろもろの民が祝福を受けるという約束があります(創世記12:2、18:18、22:18)。

あるいは、「約束の地カナン」を受け継ぐという約束もあります(創世記13:15-17、15:18-21)。

これらの約束を総合して「世界の相続人になる」ということだと理解されているのでしょう。

そして、ここで言われている「アブラハムの子孫」の中に、霊的な子孫である私たちクリスチャンも入るのです。

キリストの福音を広げていく私たちの存在が、今や、祝福の源です。

そして私たちには、やがてもたらされる新しい天と地、完全な平和と慰めに満ちた神の国の「相続人になる」ことが約束されています。

そういう約束は、「信仰による義」に基づくのであって、「律法」に基づくのではないというのも鍵ですが、これはまた明日、14節を読みながら考えましょう。


共に祈りましょう。

主よ、世界の相続人になるとは、あまりにスケールが大きすぎて、私たちは呆気に取られてしまいます。主よ願わくは、私たちの信仰のスケールを大きくしてください。約束の喜びに満たしてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2019年2月27日 ローマ4:14
NEW Topics
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR