FC2ブログ
2019. 03. 08  
ローマ書を一節ずつ読んでみる。4:16-17を読んでいます。

私たちは皆、ただ神からの恵みの約束を信じて生きている、その一点において、アブラハムに連なる「子孫」なのだと確認しました。

ちょうど次の主日に分かち合うルカ13:10-17のところに、「アブラハムの子」と出て来ます。

18年間苦しんだ病を癒された女性のことを指して、「この人は、アブラハムの娘なのだ」とイエス様は言われました。

すなわち、神様からの約束をいただいている者なのだ、ということです。

だから、その約束を果たすために私が来て、苦しみから解き放つのだ、というわけです。


ローマ書に戻りますと、4:17には、私たちの信じる神はどういう方かが示されていました。

「死んでいる者をも生かしてくださる方、まだ存在しないものを呼び出して、存在するものとなさる方である神」とありました。

アブラハムは、神を、このような方と信じました。私たちもそうでしょう。

ここには難しいことは何もありません。ただ、信じるか否かです。

何も無いところに、天地を創造なさった神。イエス・キリストをよみがえらせたもうた神。

この神が、「愛する子よ、お前を永遠に祝福する」と約束してくださったのです。

私たちもまた、「アブラハムの子」なのです。


共に祈りましょう。

主よ、あなたの全能の御手にすべてをおゆだねいたします。今日、心に重荷を抱えている者、疲れや苦悩で腰が曲がってしまっている者、呼吸が浅くなってしまっている者・・・、すべて苦しみの中にあるアブラハムの子たちを、どうか約束にしたがって、憐れみ、助け、その口にあなたへの賛美を回復して下さい。


スポンサーサイト



NEXT Entry
2019年3月12日
NEW Topics
2020年6月5日 福音を恥としない
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR