FC2ブログ
2019. 04. 18  
今日はイザヤ書53:11です。今日もフランシスコ会訳が、ベターだと思いました。

「彼は自らの辛苦を脱け出て、光を見、その悟りによって満足する。

わたしの正しい僕は、多くの者を正しい者とする。彼らの悪を、彼が背負った。」


この言葉は、ローマ5:18,19を思い出させてくれます。アダムとキリストが対比されるところです。

始祖アダムの一人の罪によって、全人類に有罪の判決が下されました。それが、人類の歴史の最初に起こったことです。

それ以来、すべての人は「生まれながらにして神の怒りを受けるべき者たち(エフェソ2:3)」となってしまいました。

しかし、その逆転もまた、一人の人によってもたらされます。新しいアダムであるイエス・キリストです。

その一人の方の正しい行為によって、すべての人が義とされ、命を得ることになったのです。

「一人の人の不従順によって多くの人が罪人とされたように、一人の従順によって多くの人が正しい者とされるのです。(ローマ5:19)」


イエス様は、私たちの悪・過ちというマイナスを帳消しにしてくださったのみならず、私たちがこなさねばならない「神への従順」というノルマも、ひとりで背負ってくださいました。

そこまでしていただかねば、私たちは「正しい者」とされることはありません。

それは、実に虫がいい話です。図々しすぎると思われるかもしれません。でも、おかしなもので、このイエスの思いをよく理解し受け止めた者たちは、みなことごとく、生き方を変えられていくのです。

もはや「正しい者」として扱っていただいているから、それにふさわしく生きたいと願い始めるのです。



共に祈りましょう。

主よ、我らをきよめてください。正しい者として身も心も魂も、いよいよ主イエスに似る者として整えていってください。主がこの貧しい私の内に生きていてくださること、私の内に、新しい心が創造され、新しい人が確かに生まれていることを、私は喜びます。大切にいたします。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2019年4月19日 イザヤ53:12
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR