FC2ブログ
2019. 05. 09  
今週は、フィリピ2:1-11の御言葉をいただいて、一週間へと送り出されたのでした。

とりわけ、5節の御言葉、文語訳では「汝ら、キリスト・イエスの心を心とせよ」。

自分を無にして十字架にまでかかってくださったキリストの「へりくだり」の姿にならって生きるのだと、示されました。


それを覚えつつ、今日も昨日と同様に、次主日の説教箇所であるⅡテモテ1:3-14をいっしょに思い巡らしていきましょう。

私は、信仰の道を歩み始めた頃は、このテモテへの手紙が、あまり好きではありませんでした。

どうにも内容が重たく、難しい宿題が押しつけられているようで、できれば避けて通りたいと思っていた手紙でした。

きっとテモテにとっても、偉大な先輩パウロからの言葉がプレッシャーだったのだと思うのです。

6節を見ますと「“再び”燃えたたせるように」とあります。

「再び」と言われるのですから、今は、きっと沈んでしまっているのでしょう。

まだちゃんと調べてませんが、どうもテモテがいろいろと行き詰って、自信喪失で「おくびょう(7節)」になっているようです。

もしかするとノイローゼ状態だったのではとも言われます。

そういう人に対して、パウロの叱咤激励は逆効果では???現代的なセンスだと、そういう批判もあるかもしれません。

ただ私自身は、伝道者になって14年、テモテと同じような行き詰まりを経験しながら歩んでくる中で、どんどんどんどんとこの手紙が好きになっています。

この手紙が、励ましになり、奉仕の支えになっています。

おそらくそれは、この手紙が単なる先輩からの叱咤激励ではなく、キリスト・イエスを見上げることへと導いてくれるからです。

特に、2:8-13の御言葉には、何度も励まされています。

「イエス・キリストのことを思い起こしなさい。・・・わたしたちは、キリストと共に死んだのなら、キリストと共に生きるようになる」と言われます。

フィリピ書でも、テモテ書でも、パウロ先輩がおっしゃるのは、いつも同じことなのです。キリストだけなのです。


共に祈りましょう。

主よ、今日の私たちが、キリスト・イエスの心をわが心として歩むことができますように。どうか、キリストを見上げて歩ませてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2019年5月10日 Ⅱテモテ1:14
NEW Topics
2019年11月22日 愛になる
2019年11月21日 愛は聖書の教えのすべて
2019年11月20日 人を造り上げる愛の言葉
2019年11月19日 十字架で自分が死ぬ
2019年11月16日 オリゲネス①
Comment
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR