FC2ブログ
2019. 05. 14  
先の主日にはⅡテモテ1:3-14の御言葉を分かち合いました。

特に印象的だったのは、5節にある「純真な信仰」という言葉です。「純真な」とは「演技することのない、偽りのない」という言葉です。

パウロは、愛弟子テモテのことを「純真な信仰を抱いている」と称し、そういう彼だからこそ、会いたいと願いました。

純真な信仰の持ち主との出会いは、私たちの魂をすがすがしくさせてくれます。

そういう出会いは、神が与えてくださるすばらしい宝です。

パウロにとってテモテとの出会いは、そういう得難い宝でした。それはテモテにとっても同様です。彼は、パウロ先生との出会わせていただいたことを、生涯主に感謝したことでしょう。

パウロもまた、純真な信仰を抱いている人として、私たちと出会ってくれて、心を高く引き上げてくれます。


信仰というのはそのようにして、宝のような出会いを通して、悟らされ、高められ、受け継がれ、ということがあります。

そういう出会いが与えられた人は幸いです。その出会いを大事になさってください。

ただし、言うまでもありませんが、その人との関係性を、自分の救いのよりどころとすることは出来ません。

私たちは、キリストのもとに行かなければ、本当の平安にはたどりつけません。

誰でも最初は、出会うことのゆるされた具体的な先輩信仰者に近づいていくことで、信仰の道をはじめていくものかもしれません。

でも、そういう風に近づいていけばいくほど分かってくるのは、そういう先輩たちが「キリストを見なさい」と指さしておられるということです。

パウロもまた、「いっしょに主を見上げよう」とテモテを励ましました。


共に祈りましょう。

主よ、あなたはが与えてくださった大切な出会いの数々に感謝します。あの人と出会えたから、わたしはあなたを見上げることができました。今日わたしも、願わくは純真な信仰者として、誰かに出会うことができますように。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2019年5月15日 ヘブライ10:23など
NEW Topics
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR