FC2ブログ
2019. 05. 21  
今日から神戸に向かい、神学校のリトリートで奉仕をさせていただきます。

「説教と牧会 ~説教使信の具体性を求めて~」という講演をさせていただきます。

そういうわけで、今週は配信はお休みになりますが、それぞれに聖霊と聖書とのゆたかな交わりがありますように。

先の主日にはヘブライ12:1-3より、「自分に定められている道を忍耐強く走り抜こうではありませんか」という御言葉に聴き入りました。

信仰の歩みは長いマラソンのようなもので、苦しい坂道やでこぼこ道が、それぞれに用意されています。

でもどんな時も、永遠の命の希望を見上げて、地上のあれやこれやに揺さぶられないで、最後まで走り抜きたいと、切実に願います。


「信仰の創始者また完成者であるイエスを見つめながら」ともいわれました。

私は、「信仰の道の先駆者(あるいは開拓者)であり、またその道を走り抜いた完走者であるイエス様から目を離さないで」と解釈しました。

イエス様は神でありますが、わたしたちと同じ弱さを抱える人間として、生きてくださいました。

そして、わたしたちに先立って、ひとりの信仰者として、信仰の道を走り抜き、神のもとにある永遠の命への道を切り開いてくださいました。

その道には、たくさんの試練がありました。しかし、十字架という最大の試練さえも忍耐され、復活の命の栄光へと到達されました。

わたしたちは、このイエス様の後に続いていくのです。

わたしたちが通る苦しみの道は、すでにイエス様が通られた道です。

讃美歌532番の2節の歌詞を思い出します。

主の受けぬこころみも、主の知らぬ悲しみも、うつしよにあらじかし、いずこにもみあと見ゆ

(主イエスのお受けにならなかった苦しみも、主のご存じない悲しみも、この世にはありません。どこにいっても、その足跡を見るのです。)

昼となく、夜となく、主の愛に守られて、いつか主に結ばれつ、世にはなき、まじわりよ・・・


共に祈りましょう。

主よ、今週もあなたが通られた信仰の道を歩んでいきたいと願います。どうか、今日用意されている道を、走り抜かせてください。私の生涯に、揺るがぬ信仰の軸を通してくださって、いつも、どんな時も賛美と喜びに満たしてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2019年5月28日 ヨハネ16:33
NEW Topics
2019年12月13日 マラキ3:19-25
2019年12月12日 マラキ3:13-18
2019年12月11日 マラキ3:6-12
2019年12月10日 マラキ2:17-3:5
2019年12月6日 マタイ3:7「差し迫った神の怒り」
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR