FC2ブログ
2019. 05. 28  
先の主日は、ヨハネ16:29-33より、特に33節のこの御言葉にみなで聴き入りました。

「これらのことを話したのは、あなたがたがわたしによって平和を得るためである。あなたがたには世で苦難がある。しかし、勇気を出しなさい。わたしは既に世に勝っている。」

この言葉は、14章からはじまるイエス様の「告別説教」と言われる長い長い教えの、しめくくりに与えられたものです。

まもなく十字架と復活を経て天へと上っていかれる。弟子たちとは、地上の別れとなります。

しかし、イエス様と彼に選び分かたれた者たちとは、深く結ばれてどこまでも一体であるということを、主は繰り返し教えてくださいます。


私の最愛の讃美歌のひとつ、358番の4節はこういう歌詞です。

「世のちからせまれども、 死に勝ちし主によれば、 やすらけきよろこびは  わがむねにみちあふる。」

これはヨハネ16:33をそのまま歌にしたものでしょう。

私たちは、イエスに深く結ばれているがゆえに、イエスと同じように世に憎まれ、さまざまな苦難にさらされます。

だれもが、自分の十字架を負わねばならない。

しかし私たちは、イエスに深く結ばれているゆえに、その復活の勝利と栄光にも結ばれて、決して世に負けることがありません。


イエス様は、「あなたがたがわたしによって平和を得るため」に、このことを伝えるのだと言われました。

「わたしによって」=「わたしにしっかり結びついて」ということです。

「主われを愛す、主は強ければ、われ弱くとも、恐れはあらじ」という、素朴な讃美歌もあります。

主は言われました。「わたしにつながっていなさい。わたしもあなたがたにつながっている。(ヨハネ15:4)」


共に祈りましょう。

主よ、今日も私のそばで、勇気を出しなさいと励まし続けてください。わたしの内にあなたが生きてくださり、あなたの内にわたしを生かし守って下さい。今、暗いトンネルを行くような思いでいる方も、主に結ばれて平安であることができますように。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2019年5月29日 ヨハネ16:33
NEW Topics
2019年12月13日 マラキ3:19-25
2019年12月12日 マラキ3:13-18
2019年12月11日 マラキ3:6-12
2019年12月10日 マラキ2:17-3:5
2019年12月6日 マタイ3:7「差し迫った神の怒り」
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR