FC2ブログ
2019. 05. 29  
「あなたがたには世で苦難がある。しかし、勇気を出しなさい。わたしはすでに世に勝っている(ヨハネ16:33)」という御言葉を与えられているこの一週間です。

先週、神戸改革派神学校のリトリートで奉仕をしましたが、その際にうかがった新入生の証しを紹介させていただきます。

彼の家は先祖伝来の仏教徒の家で、おじさんがお寺の住職だそうです。

そういう中で、お母さんが最初の実りとして洗礼に導かれ、続いてお父さんや子どもたちもクリスチャンになりました。

しかし、父方の祖父母がそれをよしとしませんでした。

とりわけ、嫁であるお母さんへの迫害は激しいものでした。この家に悪しきものを持ち込んだ悪魔のような扱いをされたそうです。

お母さんがおばあさんにぶたれながら泣いている姿が、強烈に記憶に残っているそうです。

主日礼拝に出かけようとする時に、毎週ホースで水をかけられたそうです。

それでもお母さんやお父さんの信仰は萎えることなく、むしろ、苦しみを味わうほどにキリストと強く結ばれ、喜びを深めておられたそうです。

「むしろ、キリストの苦しみにあずかればあずかるほど喜びなさい。それはキリストの栄光が現れる時にも喜びに満ちあふれるためです(Ⅰペトロ4:13)」を思い出します。


この話には続きがあります。

そのようにして激しい迫害を続けた父方の祖父母ですが、まずおじいさんが最晩年に至って、自分からお父さんに求めはじめ、亡くなる前にキリストを受け入れるに至ったそうです。

そしておばあさんは、お母さんが介護をしながら、示されたところあって福音を伝えると、これまでとは全然違うよい反応が与えられたとのことでした。

それがつい先々週のことだと、伺いました。

主イエスはすでに世に勝っておられます。このキリストにしっかり結ばれて、勇気をいただきたいと願います。


共に祈りましょう。

主よ、今日も世の中で生きていきます。必要な力と知恵を、勇気を、希望を与えてください。粘り強く、あなたの勝利を信じる信仰をください。

昨日は川崎市で大変悲しい事件がありました。神様、あなたが誰よりも一番悲しんでおられるでしょう・・。今、不安にかき乱されている者がいましたら、どうか主イエスにあって平安がありますように。主よ、どうかこの罪の世界からあらゆる悲惨をぬぐってください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2019年5月30日 ルカ24:37
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR