FC2ブログ
2013. 03. 19  
今週は「天にましますわれらの父よ」という、主の祈りの最初の呼びかけに深まって行きます。


キリスト教において「救われる」とはどういうことか?色んな角度から答えることができます。

それは、罪の赦しである。永遠の命を与えられることである、etc・・・。

私の場合なら、「神の子とされること」と答えるのが、一番包括的な答えかなと今は思っています。

霊的に孤児の家なき子であった私たちが、神の家族に入れられ、「神の子(養子)とされる」ことです。

イエス様は私たちを一人一人家に連れ帰っては、自分の弟、妹として家族に入れてほしいと、父である神様に願ってくださったのです。

そうして「子とされた」わたしたちは、神様を自分の「お父さん」とさせていただくのです。

実の父親に愛されていない人もいるでしょう。父親のいない人もいるでしょう。

でも、あなたには、永遠にあなたを大切にし続けてくださる「お父さん」が与えられています。

神様という「お父さん」は、私たちを今日も見守っていてくださいます。

「あなたがたの父は、願う前から、あなたがたに必要なものをご存知なのだ。(マタイ6:8)」


共に祈りましょう。

私たちを愛してくださる、天の父なる神様。今日もあなたの愛を信じて、心を強くして歩みたいと願います。今、色んな不安の中にある兄弟姉妹がいます。体調の不安を抱えている方がいます。経済的な不安を抱えている方がいます。父よ、どうか私たちに、今日も最善を備えてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2013年3月20日 詩編115:2-3
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR