FC2ブログ
2019. 05. 31  
次の主日に分かち合うルカ24:36-50の最後は、イエス様の昇天について伝えてくれる貴重な記事です。

「イエスは・・手を上げて祝福された。そして、祝福しながら彼らを離れ、天に上げられた。

彼らはイエスを伏し拝んだ後、大喜びでエルサレムに帰り、絶えず神殿の境内にいて、神をほめたたえていた。」


「手を上げて祝福する」これは、レビ記9:22「アロンは手を上げて民を祝福した」とあるように、旧約の昔に由来します。

今、私たちのささげる礼拝でも、最後に牧師が手を上げて祝福の宣言をいたします。

牧師は、あの祝福の宣言に、アロン以来の神の民の礼拝の歴史を背負っています。

そして、イエス様が地上において最後に残してくださった思い出を、強くイメージしています。

みなさんも、そういう思いで、明後日の礼拝の「祝福の宣言」を受けていただけましたら、恵みはいっそう豊かです。


イエス様は、「祝福しながら彼らを離れ、天に上げられた」というのが、どういう光景だったのか、想像を絶します。

「上げられた」という言葉は、「上に登る」という意味だけでなく、「いけにえをささげる」という時に使われることが多い言葉です。

あるいはここでも、そういう意味が込められているのか?興味深いところです。これから調べます。

いずれにしろ、ただ単に物理的な上昇ということだけではないようです。

そして、なにより大事なのは、「祝福しながら」ということではないかと思います。

イエス様は、地上を呪って去るのではなく、祝福して天へと去っていかれました。今や、地上のすべては、この主の祝福の中にあると言う事さえ、ゆるされるかもしれません。


この祝福を受けて、弟子たちは「大喜び」しました。疑い沈んでいた者が、大喜びに変えられました。

主イエスの祝福には、そういう力があります。


共に祈りましょう。

主よ、あなたに祝福をいただいて歩みだしたこの一週間も、金曜日まできました。疲れを覚えている者もいるでしょう。主よ、どうぞ、心の曇りを除いてくださって、大喜びを与えてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2019年6月4日 ルカ24:52
NEW Topics
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR