FC2ブログ
2019. 06. 18  
先週は改革派教会の大会役員修養会のために神戸に出張していましたので、配信をお休みしておりました。ご容赦ください。

今週は、ふくいんのなみの「あさのことば」の原稿を兼ねて、詩編の祈りに合わせて、皆さんといっしょにお祈りをささげたいと願っています。

今日は詩編8篇の祈りに心を沿わせます。

「主よ、わたしたちの主よ、・・・あなたの天を、あなたの指の業を、わたしは仰ぎます。月も、星も、あなたが配置なさったもの。そのあなたが御心に留めてくださるとは、人間は何ものなのでしょう。人の子は何ものなのでしょう、あなたが顧みてくださるとは。(詩編8:4-5)」

神様、都会の空は濁っていて、満天の星空を見る事ができないのが残念です。

でも、それでも私たちには、星の数は多すぎて、とても数えきることはできません。

果てない宇宙に思いを馳せます。

そのすべてを知ることは私たちにはできない、でもあなたは、小さな星のひとつひとつまで見守っておられる。

神様、あなたは大きい。あまりにも大きい方です。

天地万物の創造者であり、支配者であるあなたをほめたたえます。

その大いなるあなたの目に、この卑しく小さな私という存在が覚えられているとは、信じられないほどにありがたいことです。

あなたが御心に留めていてくださるから、今日も勇気をもって歩んでいきます。

主よ、過ちだらけのこの小さな生涯を、どうかキリストの十字架のゆえに赦してくださり、恵みをもってかえりみてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2019年6月19日 詩編16篇の祈りに合わせて
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR