FC2ブログ
2019. 06. 21  
今週は詩編の祈りに心を合わせて、皆さんといっしょにお祈りをささげたいと願っています。

今日は詩編22篇です。

「わたしの神よ、わたしの神よ、なぜわたしをお見捨てになるのか。なぜわたしを遠く離れ、救おうとせず、うめきも言葉も聞いてくださらないのか。(詩編22:2)」

神よ、わたしの神よ、わたしが生まれる前から、わたしを見守り続けて下さったあなたの愛を覚えています。

わたしを母の胎から取り出し、その乳房にゆだねてくださったのはあなたです。

私が母の胎にある時から、あなたはわたしの神。

わたしはあなたに信頼します。

しかし神様、今は、あなたをとても遠くに感じてしまうのです。

この神を見失った世界にあって、渇いた言葉に囲まれて、私の魂はひからびてしまいました。

今はとても疲れています。

なんだか自分が惨めに思えてなりません。

わたしは虫けらだと思います。

あなたに見捨てられたとしても仕方ない人間のクズです。

しかし主よ、わたしの神よ、どうか見捨てないでください。

あなただけは、遠く離れないでください。

私に代わってあなたに見捨てられたイエス・キリストの十字架の贖いのゆえに、私を赦し、この苦しみから助け出してください。

主よ、あなたを信じます。

助けを求める叫びを、あなたは聞いていてくださると信じます。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2019年6月22日 詩編23篇の祈りに合わせて
NEW Topics
2019年11月22日 愛になる
2019年11月21日 愛は聖書の教えのすべて
2019年11月20日 人を造り上げる愛の言葉
2019年11月19日 十字架で自分が死ぬ
2019年11月16日 オリゲネス①
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR