FC2ブログ
2019. 06. 29  
土曜日は、「来てください、沈むことのない光」という本より、初期教会のキリスト者たちの言葉を紹介していました。

久しぶりですが、今日はスミュルナのポリュカルポスの殉教にまつわる記録を分かち合います。

ポリュカルポスは70~80年に生れ、使徒ヨハネに教えられ、若くしてスミュルナの司教となり、160年ごろ殉教しました。

**************
総督は司教ポリュカルポスにしつこく言いました。

「誓え、そうすれば釈放してやろう。キリストを呪ってみよ」。

ポリュカルポスは答えました。

「わたしは86年間あの方に仕えてきましたが、あの方がわたしを苦しめたことなど一度もありません。それなのにどうして、わたしを救ってくださったわたしの王を冒涜することなどできましょう。」

総督はさらに執拗に迫りました。

「カエサルの勝利の女神にかけて誓え」。

ポリュカルポスは答えました。

「もしあなたが、今おっしゃったようにわたしがカエサルの女神にかけて誓うだろうとお考えなら、またもしこのわたしが誰であるか知らないふりをなさるのなら、お聞きください。

はっきり申し上げます。わたしはキリスト者です。」
スポンサーサイト



NEXT Entry
2019年7月2日 ヨハネ15:12-15
NEW Topics
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR