FC2ブログ
2019. 07. 02  
先の主日は、使徒言行録8:26-40のフィリポとエチオピアの高官の出会いの物語を分かち合いました。

それは、「寂しい道(8:26)」を行く寂しい罪人に与えられた、信仰の友との出会いでありました。

フィリポのように、聖書の理解をたすけてイエス・キリストのもとへと導いてくれる友が、私にもおりました。

皆さんにもそれぞれ、信仰の歩みのはじめに、あるいはその後も、伴走してくれる信仰の友との出会いがあったことと思います。

人間はみんな、神からはぐれ、人からはぐれた罪人だから、本質的に寂しさを抱えている存在なのだと思います。

みんな、よく分かっているのです。人はそれぞれ、自分のことで忙しいと。

自分のことしか考えられない。それこそ、罪の本質でもありますから。

夫婦であっても他人です。親子であっても、血がつながっているだけで、本質的には「他者」です。

「他者」と完全には分かりあうことはできません。そして誰もが、「他者」よりも自分が大切です。

みんな分かっている。そういう人間の本質を分かっている。

でも、だからこそ、友がほしい。

そのように切実に祈り求めるのもまた、人間です。


だから神は、イエス・キリストという、まことの友を与えてくださいました。

このキリストのもとで、キリストを見上げる者たちが、信仰の友情を育み合うことを、主は願っておられます。

そのような友情を、祝福として与えてくださいます。

イエス様は言われました。「わたしがあなたがたを愛したように、互いに愛し合いなさい。これがわたしの掟である。友のために自分の命を捨てること、これ以上に大きな愛はない。わたしの命じることを行うならば、あなたがたはわたしの友である。もはや、わたしはあなたがたを僕とは呼ばない。・・・わたしはあなたがたを友と呼ぶ。(ヨハネ15:12-15)」


共に祈りましょう。

主よ、あなたが私たちの信仰の生涯に与えてくださる、数々の信仰の友との出会いを、心から、心から感謝します。我らともに主を見上げ、愛し合い、励まし合い、キリストの愛を証しするこの一日でありますように。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2019年7月3日 使徒言行録8:26-40
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR