FC2ブログ
2013. 03. 21  
神様は「天におられるわたしたちの父」であり、私たちは神の子として扱われています。

「私は、神の子とされていると聞くと、この御言葉を思い出します」と、以前にある姉妹が教えてくれました。

それはヘブライ人への手紙12:1-13の、子に対する父なる神の鍛錬を教えるくだりです。

わたしたちの父は、わたしたちを子として愛するがゆえに、その成長のために今日も様々な試練を与えられます。

以下に抜粋します。

「・・主は愛する者を鍛え、子として受け入れる者をみな、鞭打たれるからである。

あなたがたは、これを鍛錬として忍耐しなさい。神はあなたがたを子として取り扱っておられます。

・・・霊の父はわたしたちの益となるように、ご自分の神聖にあずからせる目的でわたしたちを鍛えられるのです。

およそ鍛錬というものは、当座は喜ばしいものではなく、悲しいものと思われるのですが、後になるとそれで鍛え上げられた人々に、義という平和に満ちた実を結ばせるのです。

だから、萎えた手と弱くなったひざをまっすぐにしなさい。・・・自分の足でまっすぐな道を歩きなさい。」


共に祈りましょう。

天におられるわれらの父よ、今日もあなたが必要なすべてを備えてくださると信じます。今日与えられるどんな苦しみも、あなたが与えてくださった「試練」であると信じます。主よ、耐え難い試練に合わせず、試練に打ち勝つ力をください。今、病に苦しんでいる方、不安の中にいる方を、どうか支えていてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2013年3月22日 マタイ5:45
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR