FC2ブログ
2019. 07. 20  
土曜日は、「来てください、沈むことのない光」という本より、初期教会のキリスト者たちの言葉を紹介しています。

今日はリヨンのエイレナイオスの言葉を紹介します。エイレナイオスは、契約神学の源流です。

彼は、先週紹介した殉教者ポリュカルポスの弟子でもあります。

**************
あたかも何らかの必要を感じているかのように、神がわたしたちに何かを要求なさることは決してありません。

そうではなく、むしろ神との交わり(コミュニオン)を必要としているのは、わたしたちの方なのです。

父である神は、わたしたちをその胸の中に抱き寄せるために、純粋な慈愛から、御自身を、惜しみなくお与えになります。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2019年7月23日 神の子とされた
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR