FC2ブログ
2019. 07. 23  
主日の午後から昨日まで、日曜学校のお泊り会が行われました。

みんなで会堂ではしゃいで寝泊まりし、エントランスで流しそうめんをしたり、大変楽しい二日間でした。

夜には礼拝と、それぞれの賜物を持ち寄った演奏会をして、神さまに音楽と賛美の歌声をささげました。

子どもたちと分かち合ったのは、Ⅰヨハネ3:1の御言葉です。

「御父がどれほどわたしたちを愛してくださるか、よく考えなさい。それは、わたしたちが神の子と呼ばれるほどで、事実また、そのとおりです。」


罪の子であった私が「神の子」とされたということ、このことがどれほどありがたいことか。

アメリカで、虐待を受け孤児院に送られたひとりの少年が、あたたかなキリスト者の家庭に受け入れられ、「愛される」ことの喜びを知って再生していったという証しを、分ち合いました。

大変に傷つき、心を閉ざしていた少年でしたが、神の家族の祈りと愛が、闇に勝ったのです。

そんな物語は、きっと他にもたくさんあることでしょう。

イエス・キリストの贖いによって「神の子」とされた人々が、愛に満ちる神の家族のまじわりの中に、傷ついている人を招いていく。

「御父がどれほどわたしたちを愛してくださるか、よく考えなさい」と、ある意味では、厳しく命じられています。

「よく考えなさい!!」どんな時も、このことを忘れることなく、一番大切なこととして覚えていなさい。

「神の子」としていただいたのだから・・・。神は、わたしたちの父でいてくださる。どんな時も、私は神に愛されている。

そのことのありがたさを、よく考えなさい。

よく考えるならば、私たちが今日なすべきことも、おのずと分かってくるのだと思います。


共に祈りましょう。

主よ、子どもたちを祝福して下さって、夏休みの間に豊かな成長が与えられますように。成熟し、年を重ねた者をも、あなたの子どもとしてのびやかにお育てくださり、信仰と希望と愛にいよいよ深まらせてください。

スポンサーサイト



NEXT Entry
2019年7月24日 信仰と希望と愛
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR