FC2ブログ
2019. 07. 24  
ここのところ、二人の小学6年生と、毎週それぞれに学び会を持っていますが、目覚ましい成長の姿に目を細めています。

彼らには、聖書を読むのですよ、そして、「信仰と希望と愛を私に与えてください」と毎日お祈りしなさいと、伝えています。

私自身も、教えた通りに生きたいと、同じようにしています。

ここのところ導かれているのは、「今日どんなことがあっても、信仰と希望と愛をもって、その課題に取り組むことができますように」という祈りです。

神様を遠くに感じてしまうような激しい荒波に襲われるかもしれません。

でも、どんなことがあっても、「固い決意をもって主から離れることのないように」とバルナバも教えていました(使徒言行録11:23)。

信仰をもって、主イエスにとどまりつづける。でも、それは自分の力では不可能です。

だから、祈るのです。私に信仰をください、と。

信仰が与えられれば、そこには必ず希望が生まれます。私たちの希望は、主イエスが生きておられることです。

主は決して悪いようにはなさいません。死の陰の谷を行く時も共にいてくださって、憩いの水のほとりへと、私たちを必ず導いてくださいます(詩編23篇)。

独り子イエスをくださったほどの神の愛を、私たちは疑う必要がないのです。それゆえに、希望を決して失いません。

そして、どんなときも愛をくださいと、祈りたいのです。

大災害、トラブル、大変な人との出会い・・・余裕を失ってしまうとき、相手に憎しみさえ感じる時、自分の生活を守らねばと必死になる時。

そんなときに、でもやっぱり主よ、私に愛をください。

今日どんなことがあっても、愛をもって、それに向き合うことができますようにと、祈りたいのです。

この心に愛が生まれている。このことこそ、私たちが「死から命へと移った」ことのしるしです(Ⅰヨハネ3:14)。


ですから、共に祈りましょう。

主よ、今日、あなたが私たちに与えてくださる一日に期待しつつ、不安も覚える弱い者です。耐えられないような試練にあわせないでください。どんなことがあっても、信仰と希望と愛をもって、立ち向かうことができますように。

「それゆえ、信仰と、希望と、愛、この三つは、いつまでも残る。その中で最も大いなるものは、愛である。(Ⅰコリント13:13)」
スポンサーサイト



NEXT Entry
2019年7月25日 使徒言行録13:10
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR