FC2ブログ
2019. 07. 30  
今日から子どもたちのジュニアキャンプがあります。明日明後日は、配信をお休みいたします。

また、明日からはいよいよエレベーターの改修工事が始まります。無事完成し、体を弱めている方々が会堂に集うことができますように。

また、今週木曜日からは、宮城県山元町の「のぞみセンター」での奉仕に、当教会からも3人の方が遣わされます。

地域の方々とのバーベキューが主な行事です。被災された方々に「あなたたちのことを忘れていない」とのメッセージを届けてほしいと願っています。

それぞれ、お祈りに覚えてください。

さて、先の主日には「お前は主のまっすぐな道をどうしてもゆがめようとするのか」という、パウロの激しい叱責の声に耳を傾けました。

それは、セルギウス・パウルスの求道を邪魔する、魔術師エリマに対するものでありました。

礼拝後に、子どもたちと説教の恵みの分かち合いをしました。

すると、「主のまっすぐな道」ということが心にかかって、ずっとそのことを考えていたと教えてくれる子がいました。

自分は命の道を、まっすぐに歩いて行けるかな?

ラクダが針の孔を通るよりも難しいと言われているから、神の国に入ることはできないかな?入りたいな・・。

そんな素直な祈りを、分かち合うことができました。

私は牧師として申し上げました。大丈夫、人間にはできなくても、神様にはできる。

私たちは、まっすぐには歩けないね。フラフラと右往左往してしまう。それが、人間の弱さだね。

でもそういう罪人であっても、イエスを信じるならば、決して見捨てないで、絶対に手を離さないで、永遠の命に導いてくださると、神様は約束してくださいました。

神様は手を離されないから、絶対に大丈夫。安心していなさい。このことを、一生、どんなことがあっても忘れないでいてください。

神様は決して手を離さずにいてくださる。だから、私たちもその手をしっかり握り返す。

その時に、神と共に生きる喜びが分かってきます。信仰と希望と愛が、魂に満ちてきます。

私たちは、まっすぐに歩けない。でも、神様が、どんなにフラフラしても見捨てないで、ゴールに向かって整えていってくださいます。

だから私たちも、まっすぐに歩かせてくださいと祈ろう。

まっすぐに歩いて行こうと足を踏み出す時、神から与えられたあなたの尊厳が輝きだすのです。


共に祈りましょう。

主よ、あなたの道を教えてください。わたしはあなたのまことの中を歩みます。

御名を畏れ敬うことができるように、一筋の心をわたしにお与えください。(詩編86:11)

スポンサーサイト



NEXT Entry
2019年8月2日 ジュニアキャンプの感謝
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR