FC2ブログ
2019. 08. 07  
創世記28章の「ヤコブのはしご」の物語は、ヤコブが挫折の夜に夢を見て、主なる神が共にいることを悟って立ち上がるというものです。

「まことに主がこの場所におられるのに、わたしは知らなかった」とヤコブは言いました(28:13)

これは、まさかこんなところで神とお会いできるとは思わなかった、という驚きの言葉です。

それはつまり、彼にとっての挫折と孤独の地であるこの場所で、石を枕にして眠ったこの場所で、神が共におられると知ることができた、その驚きであります。

「まさかこんなところに神がおられるとは思わなかった」という、そんなところに、神がおられたのです。

むしろ、そんなところでこそ、はじめて神と出会えるというべきかもしれない。

私たちが倒れ、力尽き、涙を流しているような、そんなところ。

しかしその低い低い極みのところまで、神のまなざしは届いていて、そこに天からの階段を伸ばして下さるのです。

そしてそこに神は降りてきてくださるのです。ヤコブはそれに気付いたのです。

私たちもまた、挫折の夜に思うかもしれません。もうダメだ。もうこんなところには、神は共におられない・・・。

しかし、神が我らと共にいまさない場所は、この地上にも天上にも、どこにも存在しません。

それが、インマヌエル(神我らと共にいます)と呼ばれるイエス・キリストの到来によって、完全に明らかにされた、神の真実です。


共に祈りましょう。

主よ、今日も、いつでもどこでも、あなたが私と共にいてくださる。それが私の慰めであり、力です。主よ、今日もあなたと共に歩ませてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2019年8月8日 ウェストミンスター信仰告白23章
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR