FC2ブログ
2019. 09. 12  
次の主日も使徒言行録を読みますが、一気に進んで24章になります。

21章で、死ぬことさえ覚悟してエルサレムに向かったパウロがその後どうなったか、簡単に予習をしておきましょう。

21:17~ 無事にエルサレムに到着。

21:27~ 神殿の境内で礼拝をしていると、敵対するユダヤ人の扇動によって、群衆に捕らえられ、リンチを受ける。

21:31~ ローマの守備隊長(千人隊長)により、保護され、事情聴取のため、縛られて兵営に連れて行かれる。

そのとき大勢の民衆が、「その男を殺してしまえ」と叫びながらついてきた。イエス様の時のように。

21:37~22:29 パウロは人々の前で、自分に与えられた復活の主イエスとの出会いと、回心についての証しをする。

群衆は、それを聞いてますますわめきたて、「こんな男は、地上から除いてしまえ」と叫ぶ。

22:30~23:11 その翌日、正確な事情の把握のために、千人隊長はユダヤの最高法院を召集する。

パウロは最高法院において、大祭司らを前にして復活の信仰を証しする。これもイエス様と似ている。

23:11~35 その翌日、パウロ暗殺の陰謀があることが発覚したため、千人隊長はパウロをエルサレムから離れさせ、カイサリアにいる総督フェリクスの元に護送する。

そして、24章に入って、その総督フェリクスのもとでのパウロの弁明、となるのです。

これもまた、イエス様が総督ポンテオ・ピラトと対話したのに似ています。

ついでにいえば、その後パウロは26章で、アグリッパ王の前でも弁明することになりますが、これも、イエス様が十字架の前にヘロデ王に尋問されたのに似ています(ルカ23章)。

このようにしてパウロは、十字架の主イエスの足跡をたどるように歩んでいきます。

それこそ、クリスチャンの原型的な生き様なのです。


共に祈りましょう。

主よ、今日も私たちはそれぞれに、あなたから与えられる自分の十字架を背負って歩んでいきます。願わくは、それを背負い通す力と、誠実さと、忍耐と希望を、また尽きせぬ慰めと憐れみを与えてください。

スポンサーサイト



NEXT Entry
2019年9月13日 無実の裁判
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR