FC2ブログ
2019. 09. 20  
次主日は使徒言行録26:19-32を分かち合いますが、その直前の12-18節に、パウロの回心の証しがあります。

彼は天からの光を見たといいます。それは真昼の太陽よりも明るく輝く、根源的な光であったと証言しています(13節)。

それが、復活の主イエスの栄光でした。パウロたちは、この光に圧倒されて地面に打ち倒れました。

そのとき声が聞こえた「サウル、サウル、なぜわたしを迫害するのか。」

そして面白い言葉が続いていますね「とげの付いた棒をけると、ひどい目にあう。」(14節)

これはこの当時の格言でして、自分よりも大きな力に逆らうのは無益だという意味です。要するに、私にこれ以上歯向かうな!!

こういうイエス・キリストの圧倒的な権威と栄光によって、打ちのめされ、イエス様に降参した。私はイエスに支配された。それがパウロの証しなんですね。


これは非常に興味深いことです。

教会では様々な機会に、「証し(入信記)」を聞かせていただくことがありますが、なかなかこのように、「自分はイエスに負けた」という証しをなさる方はいない。

でも、私たちが信仰を持つときというのは、誰でもこのような敗北を経験するものです。

私たちというのは傲慢ですから、神様、イエス様を、「自分」の枠の中に取り込もうとしてしまうものです。

聖書の教えを読んでも、自分の考えに合うことだけを受け入れて、他は耳に入らない。

「難しいことは知らない。私にとっての神様はこういう方なの。それで十分だ」と、自分本位な、自分なりの信仰の教祖となってしまう。

でも本当の神体験というのは、そういう意固地で自分勝手な私たちの枠組みそのものを、外側からぶちこわしてしまうものです。

今まで正しいと信じ込んでいたことが、間違っていたと知る、今までとまったく違うものの見方が示される。

それが本当の神体験、イエスとの出会いです。


共に祈りましょう。

主よ、どこまでも自分本位な私を砕いてください。そして、今まで味わったことのないような信仰の喜びの世界を開いてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2019年9月25日 自分を変えていただく
NEW Topics
2019年10月18日 あなたも同じことをしている
2019年10月17日 弁解できない
2019年10月16日 人類の罪
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
2019年10月11日 イザヤ51:4-5
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR