FC2ブログ
2019. 09. 26  
次主日に分かち合われる2つ目の聖書テキストは、マルコ9:2-3です。

「六日の後、イエスは、ただペテロ、ヤコブ、ヨハネだけを連れて、高い山に登られた。イエスの姿が彼らの目の前で変わり、服は真っ白に輝き、この世のどんなさらし職人の腕も及ばぬほど白くなった。」

このイエス様の「変貌=メタモルフォーゼ」。

これは聖書の歴史において、特別な転換期にいつも与えられる超自然的な幻の、ひとつのあらわれです。

神様が三人の弟子たちに特別に見させてくださった光景です。

ペトロが書いたとされるⅡペトロ1:16から、こういう御言葉があります。

「わたしたちの主イエス・キリストの力に満ちた来臨を知らせるのに、わたしたちは巧みな作り話を用いたわけではありません。

わたしたちは、キリストの威光を目撃したのです。荘厳な栄光の中から、「これはわたしの愛する子。わたしの心に適う者」というような声があって、主イエスは父である神から誉れと栄光をお受けになりました。

わたしたちは、聖なる山にイエスといたとき、天から響いてきたこの声を聞いたのです。」

この出来事こそが、まさに今日の記事に記されていることです。

これは、イエスという方がまさに神が遣わされたメシアであって、力と権威に満ちた方であるということを明らかにしてくださった、特別な神からの啓示でした。

この救い主の命に結ばれた者は、やがて終わりの時に、彼と同じように「白い衣」を着せていただき(黙示録3:5、4:4、6:11、7:9など)、

「お前はわたしの愛する子。わたしの心にかなう、お気に入りの者。お前はわたしの宝!!」という、大いなる父の声を聞くのです。


共に祈りましょう。

栄光に輝く主イエスよ。あなたが今日も天にあって生きておられ、聖霊において私たちと共に歩んでくださる。そのことが、私の慰め、希望、勇気です。主よ、白い衣を着させていただくその日まで、この罪深い者を導き、きよめてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2019年9月27日 主の栄光の姿に
NEW Topics
2019年11月22日 愛になる
2019年11月21日 愛は聖書の教えのすべて
2019年11月20日 人を造り上げる愛の言葉
2019年11月19日 十字架で自分が死ぬ
2019年11月16日 オリゲネス①
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR