FC2ブログ
2019. 09. 27  
次主日の歓迎礼拝に分かち合われる3つの聖書テキスト、その最後はⅡコリント3:18です。

「わたしたちは皆、顔の覆いを除かれて、鏡のように主の栄光を映し出しながら、栄光から栄光へと、主と同じ姿に造りかえられていきます。これは主の霊の働きによるのです。」

主イエスと同じ姿に「造りかえられていく=姿を変えられていく」、これも私たちの「メタモルフォーゼ」です。


昨日確認した、マルコ9:2のイエス様の変貌の記事がありました。

あの栄光に輝く主イエスのお姿に、私たちも似せられていく。変えられていく、ということです。

東方正教会の流れでは、その救いの神秘を「神化」というまことに大胆不敵な表現で受け止めています。

私たちプロテスタント教会は、地上の人生において「聖化」の道を通らせていただいて、死の時に「完全聖化」され、終わりの時に「栄化」という究極のゴールに至ると考えます。

聖霊が遂行される神の救いとは、そのようにして、愚かで卑しい私という存在を「造りかえて」くださるという、再創造の御業です。


今の自分自身を見ると、嫌になってしまう時があります。かなしくなるほど、惨めになる時もあります。

あるいは、今の自分の周りの人たちを見てもそうです。どうして私たちは、こうも愚かなのだろうと、この関係からもう逃げてしまいたい、人間をやめてしまいたいと思うことさえ、私にはあります。

でも、この私の内にも、確かに聖霊は生きていてくださるのです。

そして、一歩一歩、確実に「聖化」の業を進めてくださり、必ず最後は「栄化」してくださる。

その終わりのゴールの約束を、私は希望とします。

その終わりの時、主イエスの栄光の姿に似せられた私たちが、互いを完全に喜び合い、ほめたたえあい、ひとつになって主を賛美する。

その栄光の礼拝の風景をしっかりと望み見て、今日も、クリスチャンをやめないで生きていきます。


共に祈りましょう。

主よ、栄光に輝くあなたの御姿をあがめます。主よ、私のこの貧しい心と体を、あなたの光でいっぱいに満たしてください。もう、悪いものが何一つ入ってこないまでに。主よ、憐れんでください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2019年9月28日 少しのものに忠実に
NEW Topics
2020年6月5日 福音を恥としない
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR