FC2ブログ
2019. 10. 04  
次主日は使徒言行録27章にある、パウロに与えられた船旅の試練についての記事を分かち合います。

カイサリアの総督府で2年にわたって軟禁されていたパウロでしたが、皇帝への上訴によって、ローマへと護送されることになります。

とうとうローマへの旅路が開けたのです。

牢獄で暗い夜を過ごすパウロのかたわらに、主イエスが来てくださって、「勇気を出せ」と言って下さったのは23:11のところでした。

「その夜、主はパウロのそばに立って言われた。『勇気を出せ。エルサレムでわたしのことを力強く証ししたように、ローマでも証しをしなければならない。』」

この約束の言葉をずっと信じ続けて、忍耐の時を過ごし、ようやくパウロは、ローマに向かう船に乗ることができたのです。

しかしまたも困難が待っています。この船旅は、文字通りの逆風続きで、なかなか前に進むことができない。

挙句の果てには、エウラキオンと呼ばれる暴風にあおられて、船は転覆寸前まで追い詰められてしまう。

でも、そんな中でもパウロだけはいつも落ち着いています。

主の約束の言葉を信じているからです。

そして、主が「勇気を出せ」と言って下さったように、「皆さん、元気を出しなさい(※原語は同じ)」と励ますのです。


共に祈りましょう。

主よ、今日も朝が来ました。朝が来なければよかったのにと、感じている人もいるかもしれません。どうか主よ、この弱い私たちに、信仰と希望と愛を与えてください。今日の日を、なんとか生きていくために。願わくは、パウロのように歩めるように。

スポンサーサイト



NEXT Entry
2019年10月5日 リヨンのエイレナイオス④
NEW Topics
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR