FC2ブログ
2019. 10. 11  
昨日から「神の義」について考えています。ヒントとなるのは、旧約聖書イザヤ51:4-5です。

「わたしの民よ、心してわたしに聞け。わたしの国よ、わたしに耳を向けよ。

教えはわたしのもとから出る。わたしは瞬く間に、わたしの裁きをすべての人の光として輝かす。

わたしの正義は近く、わたしの救いは現れ、わたしの腕は諸国の民を裁く。

島々はわたしに望みをおき、わたしの腕を待ち望む。」


ここで「“わたしの正義”は近く」とあるのが、ローマ1:17の「神の義」というのと同じ言葉遣いです。

ここでは「救い」という言葉や、神がさしのべられる救いの「腕」という言葉と、並行的・同義的に使われています。

「裁き」という言葉もありますが、これは「支配、秩序、取り仕切り」というニュアンスが強いので、イエス様が「神の国が近づいた!!」と言われたのと同じことが言われていると、わたしは考えます。

それらのことを考えあわせますと、このイザヤ書の言葉は、イエス・キリストの到来の預言に他なりません。

「“教え”はわたしのもとから出る」と言われます。

この「教え」は、トーラーという語であり、神の民にとって命よりも大切な「神の御言葉」のことです。

その神の言葉が、人間となってきてくださった方が、イエス・キリストでした(ヨハネ1:1)。

神のもとから出て、私たち罪人に神の御心のすべてを明らかにしてくださった、神の「教え」そのものである方、イエス様。

その方が到来するその時、それが「神の義」が現われ、「救い」が現われ、全世界に神の救いの「腕」が差し伸べられる・・・。

そういう預言なのです。そういう預言が成就したと、新約聖書は伝えているのです。


共に祈りましょう。

主よ、大変に大きな台風が近づいています。しかしこのような災害を、あなたの怒りと呪いとして考える必要のないことを、今や私たちは知っていますから感謝します。あなたはイエス・キリストを与えてくださり、大いなる慈しみを明らかにしてくださいました。ですから、どんな時も、私たちを愛によって導いてくださるあなたの御腕に信頼します。しかし主よ、わたしたちは本当に無力な者です。どうか憐れみ助けてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2019年10月15日 石川ヨナライブにて
NEW Topics
2019年11月22日 愛になる
2019年11月21日 愛は聖書の教えのすべて
2019年11月20日 人を造り上げる愛の言葉
2019年11月19日 十字架で自分が死ぬ
2019年11月16日 オリゲネス①
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR