FC2ブログ
2019. 10. 16  
次の主日はローマ2:1-16を分かち合います。その前の段落である1:18-32には、人類の罪に対する神様の「怒り」について記されています。

「怒り」というのは、愛情の裏返しであります。

自分にまったく興味のない芸能界のスキャンダルには、あきれはしても、怒りは感じません。

神は、私たちの間違った振る舞いに怒りを覚えられます。それは、関係者だからです。責任があるのです。


私たち人類の罪は、「神を知りながら、神としてあがめることも感謝することもせず、かえって、むなしい思いにふけり、心が鈍く暗くなった」と、1:21にあります。

教会に来たことがなくても、神様のことをまったく知らない人などいないのです。

でも、うすうす知っていながらも、ちゃんと神様と向き合うことから逃げ回っていたり、神様をふさわしくお取り扱いせず、勝手な神々を自分勝手にこしらえて、宗教的欲求を手軽に満たしているのです。

そこでは、神様の下に自分を置くのではなく、自分の下に神を置くという、根源的な倒錯状態があります。

そこがサカサマだから、生き方もサカサマになります。

そうして、24-32節では、サカサマな人間たちの、倫理も道徳もひっくりかえってしまった社会の問題が描かれます。

これは、古代のローマ社会を糾弾する言葉ですが、現代にもそのまま通用します。

そういう社会を見つめながら、「神は、お怒りになってしまわれて、ほったらかしにされているのだと・・」とパウロは悟っていたのです。

24節、26節、28節に、「神が彼らを罪深い思いに、引き渡された」という表現が繰り返されます。

くだらない心のままに、落ちるところまで落ちていけと、ほったらかしておられるということです。

そうして落ちていく人間に、静かな怒りを覚えながら、神はじっと忍耐し、見守っておられます。

それは、放蕩息子の悔い改めをじっと待っている、父親の愛情と、表裏一体です。

落ちるところまで落ちねば、人は、悔い改めることができないからです。


共に祈りましょう。

主よ、あなたの怒りに気付きもせず、あるいはそれを知らないふりをしながら、過ちを重ね続ける私たちの時代を赦してください。まずは、私が、あなたとのサカサマな関係をただすことができますように、聖霊の助けをください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2019年10月17日 弁解できない
NEW Topics
2019年11月22日 愛になる
2019年11月21日 愛は聖書の教えのすべて
2019年11月20日 人を造り上げる愛の言葉
2019年11月19日 十字架で自分が死ぬ
2019年11月16日 オリゲネス①
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR