FC2ブログ
2019. 10. 18  
次主日はローマ2:1-16を分かち合いますが、ここのポイントとなるのは「裁く」ということです。

裁く、ジャッジする。私たちは、他者の振る舞いを見て、「よい、よくない」とふるいわけることしばしばです。

しかし、そうやって他者をジャッジしているあなた自身が、神によってジャッジされていると、パウロは教えてくれます。

神様からすれば、「何様のつもりだ」ということでしょう。

あなたも同じことをしているではないか・・・、そう問われているのです。


私たちは同じことをしているのでしょうか?

クリスチャンの方は自分が罪人だと言っているけど、この乱れ切った社会にあって、品行方正ないい人たちばかりではないですか。それなのに、毎週毎週、罪の告白をして・・。自分にはまだそれが受け入れられないと、伝えて下さった方がいました。

そう感じるのももっともでしょう。そういう方にとっては、「自分も同じことをしている」とは、まだとても思えないのだと思います。

でも不思議なことに、信仰の理解が増して、人格的にも成熟し、倫理的・道徳的にも高められていくほどに、罪の自覚が深まって、「同じことをしている」と思わざるを得なくなっていく。

それが、キリスト者としての成熟というものであるようです。

それは、誰であれ、真実を見通される永遠の神の裁きの前では、みんな「同じ」ということを悟るからでもあります。

みんな同じです。だれも、その裁きには耐えられない。

しかし、その私たちのために、イエス・キリストという救い主が与えられました。

キリストを信じるなら、ただそれだけで、義とされる。このことも、みんな同じです。そこには何の差別もありません。

これが、福音というものです。


共に祈りましょう。

主よ、どんぐりの背比べのような私たちです。だれかを見下すことで、自分の正しさを確かめようとするような、愚かな心から、私を解放してください。私たちが、みんなで同じ罪を犯してしまうのではなく、成熟の道をいっしょに歩んでいくことができますように。



スポンサーサイト



NEXT Entry
2019年10月23日 宗教国家日本の特殊性
NEW Topics
2019年11月22日 愛になる
2019年11月21日 愛は聖書の教えのすべて
2019年11月20日 人を造り上げる愛の言葉
2019年11月19日 十字架で自分が死ぬ
2019年11月16日 オリゲネス①
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR