FC2ブログ
2019. 11. 16  

土曜日には「来てください、沈むことのない光」という本より、初期教会のキリスト者たちの言葉を紹介してきました。

今日はオリゲネスの言葉を紹介します。185~253年頃まで活躍し、エジプトのアレクサンドリアで偉大な業績を収めた教父です。

**************
「見よ、世の罪を取り除く神の小羊」(ヨハネ1:29)

いつの日か罪が取り除かれるけれども、まだ取り除かれずにいるというのではありません。

また、かつて罪が取り除かれたけれども、もうそれ以上取り除かれないというのでもありません。

その方は、今このとき、この世に生きる一人一人の罪を取り除いておられるのです。

世の罪がすべて取り除かれるその日まで。

そうして、世の罪がすべて取り除かれるとき、救い主はご自分の父に御国を手渡されるでしょう。

御父は、そこからいかなる小さな罪も見えなくなるまでは、御国をお受け取りにはならないからです。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2019年11月19日 十字架で自分が死ぬ
NEW Topics
2020年6月5日 福音を恥としない
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR