FC2ブログ
2019. 11. 22  
次主日に分かち合うⅠコリント13章の「愛の賛歌」を思い巡らしています。

全体として、異言や預言という賜物を追い求める霊的エリートたちに対して、「それよりももっと大切なものがある。追い求めるべきは愛である。愛がなければ、それらの賜物は無意味であり、教会にとって益とならない」と伝えたい。

それが、この箇所の本来の文脈です。

4-7節の言葉も、暴走するコリント教会の人たちを立ち止まらせようとする言葉です。

「愛は忍耐強い。愛は情け深い。ねたまない。愛は自慢せず、高ぶらない。礼を失せず、自分の利益を求めず、いらだたず、恨みを抱かない。不義を喜ばず、真実を喜ぶ。すべてを忍び、すべてを信じ、すべてを望み、すべてに耐える。」

これとはまったく反対の状態にあったのが、コリント教会の人たちだったからです。

私たちはどうでしょう。


おもしろいことですが、この言葉では、主語は「愛」です。まるで人格をもっているようです。

愛するとは〇〇なことです・・と、道徳的に教えられてはいない。

詩的な表現だと言ってしまえばそれまでですが、考え出すとなんだかおもしろい。

試しに、「愛」の代わりに、自分の名前を入れてみてください。

つらくなりませんか・・。

求めるべきは、私「坂井孝宏」という存在が、まるごと「愛」になることです。ここで言われているのは、それほど本質的なことでしょう。

そのためには、「愛」そのものである存在と、深く結びつくしかないのです。


共に祈りましょう。

主よ、あなたは愛です。あなたの心と、私の心が一つになりますように。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2019年11月26日 教会役員の選出
NEW Topics
2019年12月13日 マラキ3:19-25
2019年12月12日 マラキ3:13-18
2019年12月11日 マラキ3:6-12
2019年12月10日 マラキ2:17-3:5
2019年12月6日 マタイ3:7「差し迫った神の怒り」
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR