FC2ブログ
2019. 12. 05  
次の主日は、マタイ3:1-12の洗礼者ヨハネについての記事を分かち合い、主イエスをお迎えする備えをしたいと思います。

洗礼者ヨハネは、イエス様の宣教活動に先んじて現れて、「悔い改めよ=あなたの歩みの方向転換をしなさい」と叫びました。

なぜなら「天の国は近づいた」、これは、神がもう来ておられる、決定的な救いの時がもう来ている!!と、言い換えてもいい。

だから、滅びへと向かって歩んできたあなたの人生を方向転換し、永遠の命への道を歩み始めなさい、と叫んでいるのです。


3節には、イザヤの預言が引用されています。「荒れ野で叫ぶ者の声がする・・・」この預言が成就しているのだ、と。

これは元々、イザヤ40:3-5の預言であり、バビロン捕囚の苦しみを味わった人々に対する、慰めの到来を告げる言葉として与えられたものでした。

「慰めよ、わたしの民を慰めよ・・・苦役の時は今や満ち、彼女の咎は償われた、と。罪の全てに倍する報いを、主の御手から受けた、と。(イザヤ40:1-2)」

ユダヤの人々は、おのれの罪と過ちのゆえに、国を滅ぼし、家を失い、捕囚の苦悩を味わいました。

でも、もう十分だと主は言われるのです。もう帰ってこい。わたしのもとで慰めを与えると、言われるのです。


「呼びかける声がある。主のために、荒れ野に道を備え、わたしたちの神のために、荒れ地に広い道を通せ。谷はすべて身を起こし、山と丘は身を低くせよ。険しい道は平らに、狭い道は広い谷となれ。主の栄光がこうして現れるのを、肉なる者は共に見る。(イザヤ40:3-5)」

これは不思議な預言です。山や丘や、険しい道や狭い道に対する呼びかけです。

それは、私たちの心と言ってもいいでしょう。渇ききった荒れ野のような心です。険しく、狭い、心です。

そういう心の荒れ野を、今、静まって、おだやかにして、主イエスをお迎えするための道を整えたいのです。


共に祈りましょう。

主よ、慌ただしく過ぎていく12月の日々です。体の疲れもたまっていきます。主よ、平らにしてください。この心の激しい起伏を、平らにしてくださって、あなたの慰めに満たしてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2019年12月6日 マタイ3:7「差し迫った神の怒り」
NEW Topics
2020年6月4日 果たすべき責任
2020年6月3日 言葉の通じない人にも
2020年6月2日 宣教する教会の誕生日
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR