FC2ブログ
2019. 12. 18  
マタイ1:18-25を予習しています。この場面は、イエス様の養父となるヨセフへの告知ですが、ヨセフは「ダビデの子」と呼ばれています(20節)」。

「ダビデの子」とは、偉大な王ダビデの末裔ということです。

もっとも、ダビデ王朝は新バビロニア帝国によって滅亡しましたので、今は力も権威もない大工の家でした。

でも、「ダビデの子孫から救い主を与える」という神の約束がありました(使徒言行録13:23参照)。

人間の目には消えて無くなったようなダビデの血統でしたが、神は少しもお忘れにはなっておられませんでした。

救いの線は、いつでもとても、か細いものです。

あまりに細くて、頼りなくて、私たちはもうあきらめてしまう。見失ってしまう。

でも、そういうところに、大いなる神の救いは始まります。


ダビデに与えられた最初の約束=「ダビデ契約」は、サムエル記下7:12-14にあります。

「あなたが生涯を終え、先祖と共に眠るとき、あなたの身から出る子孫に跡を継がせ、その王国を揺るぎないものとする。この者がわたしの名のために家を立て、わたしは彼の王座をとこしえに堅くすえる。わたしは彼の父となり、彼はわたしの子となる。」

こういう約束を受けて神の民イスラエルは、王国の繁栄を確信しました。

しかし、神の計画しておられたことはそんな小さなことではなかったのです。

神が計画しておられたのは、やがてこのダビデの系図に連なる者の中から、この罪深い世界全体に再び正しい秩序をもたらして、神の祝福を明らかにする永遠の王を与えるということでした。

関心のある方は、イザヤ11:1-5も読んでおいてください。「エッサイの株」というのがダビデの血統ということです(エッサイはダビデの父)。


共に祈りましょう。

主よ、今クリスマスを前に、私たちの信仰のスケールをはるかに大きくしてください。ちまちまと、自分の事しか見えないようなスケールの小さい信仰を、破壊してください。


スポンサーサイト



NEXT Entry
2019年12月19日 インマヌエル
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR