FC2ブログ
2019. 12. 20  
クリスマスに分かち合うマタイ1:21において、生まれてくる子は「自分の民を罪から救う」救い主になるとの約束があります。

イエス・キリストは、人間を罪から救う救い主です。

罪とは何でしょうか。それは、神との交わりの断絶と言われます。

また私がよく使うのは、神を正しくあがめず、従わず、自分自身を神とすることであるという言い方です。

あるいは、罪とは的外れな生き方ということもしばしば言われます。あるべきところから外れること。

あるいは、ウェストミンスター小教理問答では、もっとシンプルに、「罪とは、神の律法に背くこと」と教えます。

つまり、「神様の教えの通りに生きられない」ことです。

先日、水曜の祈祷会で、それぞれに御言葉から黙想をして、自分の罪とその救いについて思い巡らしたことを書き留めました。

私も、自分自身を省みました。

自分が抱えている残虐性や、他者に対する心の冷たさ、嘘をついてしまうこと、不真面目さ、成功者へのねたみ、女性をみだらな思いで見てしまうこと・・・そういうことが、次々と心に浮かびます。

それらは、イエス様に出会う前には、克服したいとさえ思っていなかったことです。

それが私を滅びに導く罪だと、思っていませんでした。

今は違います。依然として、まだ私の中には、それらの罪が残っている。本当にくやしいけど、どうにも残っている。三つ子の魂百までです。性質の卑しさがずっと残っているのです。

でも、私は今、この罪と戦いたいと願っています。そういう心をいただきました。

聖霊が起こしてくださった、新しい心です。これはまぎれもなく、私の中で始まった新しいことです。

次の日曜日、洗礼・信仰告白をする3人の若者がいます。

彼らは、聖霊をいただくのです。そして、新しい心を起こされ、新しい道に生き始めるのです。


共に祈りましょう。

主よ、我らを罪から救ってください。罪に縛られ、濁った目をしていた私を、あなたは光の道に導いてくださいました。主よ、感謝します。この道を進ませてください。そして、今からスタートを切る者たちに、限りない祝福があらんことを!!

スポンサーサイト



NEXT Entry
2019年12月24日 ルカ2:7
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR