FC2ブログ
2019. 12. 25  
クリスマスは、「神の言」が肉をまとって、人間としてわたしたちのところに来てくださった時なのだと、ヨハネ福音書は示します。

「言は肉となって、わたしたちの間に宿られた。わたしたちはその栄光を見た。それは父の独り子としての栄光であって、恵みと真理とに満ちていた。(ヨハネ1:14)」

考えてみれば、神が人間の言葉を語って、ご自分のことを知らせて下さるというのは、大変なへりくだりです。

小学生にでも分かる言葉で、自分の研究の要点を話してみなさい・・・こう言われると、ほとんどの学者は困ってしまうでしょう。

神の言葉は、本来、神様にしか分からない、聖なる、超越した言葉です。

でも神は、アダムの時より、私たち人間に深く関わり続けることを望んでくださって、人間に分かる言葉で語りかけてきてくださいました。これがすでに、大いなる恵みです。

そうして、モーセや預言者らを通して、神はメッセージを送り続けてくださったのです。

それらは、いと高きところにおられる神からの愛の伝言でした。

でもそれは、不完全で過ち多い人間の器を用いてのものでしたから、十分ではありませんでした。

だから三位一体の神は、ついに自ら人間となって、私たちのところに来てくださいました。

メールやラインが発達した今でも、コミュニケーションは難しいです。会って話すことに優るものはない。

いや、話さずとも、その人がそこにいるだけで安心する・・・、そういう時があることを私たちは知っています。

イエス・キリストは、まさにそのように、そこにいるだけで、神の思いのすべてを伝えてくださった方でした。

「いまだかつて、神を見た者はいない。父のふところにいる独り子である神、この方が神を示されたのである。(ヨハネ1:18)」

「神は、かつて預言者たちによって、多くのかたちで、また多くのしかたで先祖に語られたが、この終わりの時代には、御子によってわたしたちに語られました。(ヘブライ1:1)」


クリスマスの時、イエス様のご生涯そのものを通して伝えられる、神の救いのメッセージを、しっかりと聴き取りたいと願います。

共に祈りましょう。

主よ、あなたはそこまでして、私を救おうとしてくださるのですか。わたしに語りかけようとしてくださるのですか。主よ、私たちのかたくなさを砕いてくださって、あなたの言がよく聞こえるようにしてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2019年12月26日 御心がなりますように
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR