FC2ブログ
2020. 01. 08  

創世記1:31には、神様の自画自賛とも言える様な、ご満足の姿が描かれています。

「神はお造りになったすべてのものを御覧になった。見よ、それは極めて良かった。」

しかし今、目の前に広がっているこの世界は、「極めて良い」ものであるでしょうか。

海は汚れ、空は濁り、満天の星なんてなかなか見ることができない。

人は憎み合い殺し合い、愚かな武器によって奇形の生物を生み出してしまう・・・。

でも世界が醜いのは、私たち罪人が汚してしまったからです。神様は悪いものを創造される悪い方ではありません。


神様にとって「極めてよい」世界とは、人間にとって「極めてよい」世界でもあります。

天と地と海と、その中にあるすべてのものが、秩序正しく創造され、すべてが整った上で人間が創造されました。

清浄な空気が用意され、水と食物が用意され、感性を刺激する素晴らしい景観が用意され、人間の生存にとって「極めて良い」世界が創造されたのです。

世界とそこに生きる被造物のすべては、神様から私たちへの、愛に満ちた、最高の賜物です。

神様は良いものしか、私たちにお与えになりません。それを悪いものとしてしまうのは、私たちの罪です。


神様が与えてくださる良いものに敏感でありたいですね。感動したい。

この罪で濁った目にも、なお明らかなほどに、神の創造なさった世界は素晴らしい!!

この世界を私たちに与えてくださった方が、今日も、良いものを与え続けてくださいます。


共に祈りましょう。

主よ、大いなる創造主よ、今日も宇宙の万物の上に注がれるあなたの憐れみに感謝します。この私の貧しい心を開いてくださって、極めて良い世界を見出させてください。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2020年1月9日 エレミヤ10章
NEW Topics
2020年7月8日 人を裁かず
2020年7月5日湘南恩寵教会主日礼拝説教 ローマ2:1-3「他者を裁いている場合じゃない」
2020年7月7日 深い淵より
2020年7月3日 救いの恵みを受け取る
2020年7月2日 他者をよしとするとは
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR