FC2ブログ
2020. 01. 16  
昨日の祈祷会では、ルカ福音書のクリスマス物語の中にある、母マリアの信仰の姿勢に目を留めました。

あのイエス様がお生まれになった夜、天使のお告げを聞いた羊飼いたちが駆け付け、証しをします。

「おれたちのための救い主がお生まれになったと聞いたんだ!」と、高揚して伝えたことでしょう。

それを聞いた周囲の人々は、みんな、羊飼いたちの話を不思議に思ったといいます。

しかし、マリアは「これらの出来事をすべて心に納めて、思い巡らしていた」というのです(ルカ2:19)。

特に、「心に納めて」という言葉に注目します。

これは、いろいろな影響から守るために、不用意に外に出して発散してしまわないで、じっくりと心の中にとどめることだと、書かれていました。

同じようなマリアの姿勢は、2:51にもあります。

この時は、少年イエスが神殿にあって「ここが自分の父の家だ」とおっしゃる言葉に面食らい、「イエスの言葉の意味が分からなかった」といいます。

その前には、もう数年前の記録として、老シメオンの預言としてイエス様の十字架の死も予告されます(ルカ2:25-35)。

一連の出来事は、驚くべきことばかりで、当惑するよりなかったと思います。

でも、「母マリアはこれらのことをすべて心に納めていた」とあるのです。


自分にはまだ受け止めきれないようなこと、今は意味が分からないこと・・・でもそれを安易に意味づけて受容しようとしないで、ただ「心に納めて」、神様の導きをしずかに待った・・・。そういうことではないでしょうか。

そうして心に納められたことを、ゆっくり思い巡らす中で、やがて、すべての意味が明らかにされる時がくるのです。


共に祈りましょう。

主よ、今倒れている方、臥せっている方、弱っている方、慌てふためている方、納得できなくて苦しんでいる方・・・いろんな思いを、どうか受け止めてくださって、その魂に平安をお与えください。やがてすべての出来事の意味が、恵みの中で明らかにされますように。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2020年1月17日 創世記2:7「生きる者となる」
NEW Topics
2020年2月21日 創世記8:21「二度としない」
2020年2月20日 創世記8章「箱舟の中で待つ」
2020年2月19日 創世記8:1「御心にとめる」
2020年2月18日創世記7章「深淵を抑える神」
2020年2月14日 創世記6章「命じられたとおりに」
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

勝田台の牧師

Author:勝田台の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR