FC2ブログ
2020. 01. 17  
今週は創世記2:7の人間創造についての御言葉を、思い巡らしてきました。

神によって命の息を吹き入れられて、「人は生きる者となった」とありました。

これは、肉体的生命という意味も、またもっと深く霊的な意味も、両方のことが言われていると思います。

聖書の教える人間理解によれば、人は、体は生きていても、魂が死んでいるということがあります。

「体は殺せしても、魂を殺すことのできない者どもを恐れるな。(マタイ10:28)」とイエス様も言われました。

あるいは、「わたしは復活であり命である。わたしを信じる者は死んでも生きる。生きていてわたしを信じる者はだれも、決して死ぬことがない。このことを信じるか。(ヨハネ11:25)」とも言われました。

主イエスが私たちに注いでくださる霊的命は、疲れた体をも癒し、試練の時にも強く雄々しくあらせてくださいます。

ひとつ皆さんにもおすすめします。

深い呼吸をともなう祈りのかたちです。まず、息を吐ききってください。もう何も出てこないというところまで、すべてを吐き切ってください。

そうして自分に死なせていただくのです。

そして、息を吸います。その時に、「主よ、命の息を吹き入れてください」と願いながら、思い切り吸い、みずみずしい神の命をいただくのです。


共に祈りましょう。

主よ、この渇いた土くれに、命の息を吹き入れてください。今日の日が輝きだしますように。
スポンサーサイト



NEXT Entry
2020年1月21日 創世記1:26-28「人間の尊厳」
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR