FC2ブログ
2020. 01. 31  
神の言いつけを破ることで、「自分で判断する=善悪を知る」ということを始めた人間です。

その結果はどうなったでしょうか。神が心配していたとおり、人間は非常に危うい存在になり、破滅の道を歩み始めました。

互いに殺し合い、おとしめあう罪人の歩みがここから始まったのです。そして次の主日に分かち合う4章で、最初の兄弟ゲンカにして、最初の殺人事件が起こります。

その危うさは、幼子が、ひとりで車の運転を始めたような感じです。

運転技術なんてものは、わりとすぐに身に着きます。だから子どもでも運転はできる。でも、交通法規も知らない。マナーも知らない。赤信号で止まることさえ、まだ知らない・・。

人間は、そういう状態で親のもとから飛び出して、自力運転を始めてしまった幼子のような存在なのです。悪しき幼児性です。

そういう私たちに、もう一度、親のもとに帰ってきなさいと呼びかけてくださったのが、主イエスです。

そして「神の愛の下で完全に信頼する」という、「幼子のような信仰」の模範を示してくださいました。

人間とは、本来そのように生きるものとして創造されたのです。そのように生きる時に、幸いがあるのです。

「貧しい者は、幸いである。天の国は、そのような者のものである」という言葉も、改めて考えてみてください。

そういう幸いに呼び戻すために、迷子を「探して救うために」来てくださったのが主イエスです(ルカ19:10)。

そして、そのような恵みの追跡は、すでに堕落の直後から始まっていたのです。

それが、「どこにいるのか」との神の呼びかけだったのでした(創世記3:9)。


共に祈りましょう。

主よ、私たちはあなたから離れるべきではなかったのです。あなたの愛に信頼して、あなたの言葉のとおりに生きていきたい。主イエスのように、主イエスの後ろに続いて、あなたの道をひたむきに歩むことができますように。

スポンサーサイト



NEXT Entry
2020年2月2日 創世記4章「賜物の不公平」
NEW Topics
2020年5月30日 詩編36篇の祈りに合わせて
2020年5月29日 ニネベの悔い改め
2020年5月28日 人格的な信仰
2020年5月27日 互いに励まし合いたい
2020年5月26日 わたしのために祈ってください
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR