FC2ブログ
2020. 02. 14  
先主日と次主日つづけて、ノアの箱舟の物語を分かち合います。

あの大洪水は、罪の極まった世界をもういちど作り直す。創造のやりなおしとも言える出来事でした。

それは、残された者をとおしての新たな天地創造への序章であり、再び初めを与えるための「大手術」だと言う人もいます。

その中で「無垢な人」として「神と共に歩む」ノアの存在は、信仰の理想です。

それは、神の言葉そのままに生きる人のイメージです。

創世記1章に記される最初の創造の時には、「主が言われた、そしてそのとおりになった」と、神の言葉によってすべてが作り上げられていく様子が描かれました。

それに対して、洪水を通しての再創造においては、「主が言われた、ノアは命じられたとおりにした(創世記6:22、7:5、7:18)」とあって、ノアの行為を通して、神の言葉が実現していきます。

ノアはほとんどしゃべりません。神の言葉がそのままノアという管の中をスムーズに流れて、ノアの「命じられたとおり」にするという行動において、そのまま神の業となっていくのです。

これが信仰者の理想像でしょう。

神の言葉をそのままに聴き、そのままに実行することができたら、どんなに私たちは自由なことでしょう・・・。

神の言葉が、私たちの内なる貧しさ、かたくなさに邪魔されることなく、そのままに働くのを見たい。

ノアは、そんな私たちの願いを、実現している理想像です。

このような人が破滅を免れ、新しい世界の住人として、新たな歴史をはじめるのです。


共に祈りましょう。

主よ、通りよき管として、この私を用いてください。あなたの御言葉を濁すことなく、損なうことなく、歪めることなく、そのままに聴き、従い、そして、伝えることができますように。

スポンサーサイト



NEXT Entry
2020年2月18日創世記7章「深淵を抑える神」
NEW Topics
2020年7月7日 深い淵より
2020年7月3日 救いの恵みを受け取る
2020年7月2日 他者をよしとするとは
2020年7月1日 してはならないこと
2020年6月28日 役に立たない
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

茅ヶ崎の牧師

Author:茅ヶ崎の牧師
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
カテゴリ
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR